Development Flow

開発の流れ

  • お問い合わせ

    HPのフォームよりお問い合わせください。

  • ヒアリング/要件定義

    お客様のご要望をお伺いした上で、弊社が実現可能なプランをご提案いたします。
    また、予算感・開発期間についてあらかじめご教示いただければ
    スムーズにご対応可能です。

  • 設計/お見積もり

    ご提案内容に応じて、弊社エンジニアにてフレームワーク/ミドルウェアの
    選定を行い、より効率的な開発を念頭に設計を行います。
    設計内容をもとに、人日単位での細かいお見積もりを行い、
    スピーディーにご提示させていただきます。

  • (ご発注後)開発着手

    ご発注の意思を書面でいただけましたら、弊社でチームを組成の上、
    ただちに開発をスタートいたします。
    通常はPM1名、プログラ マー1~2名のチームで対応させていただきます。
    (デザイン業務も必要な際には追加でデザイナーをアサイン)

  • この期間、週次での定期進捗報告を行い、ご要望から逸れてないか確認をいたします。

  • デバッグ/デプロイ

    開発完了後、弊社にて適任者を選定してデバッグを行い、
    手戻りがないよう品質向上に努めます。
    また、お客様からの修正要望に対しまして、誠意をもって対応させていただきます。
    (大きな仕様変更・追加は除きます)

  • 検収完了/ご請求

    お客様にて検収完了いただけましたら、
    当月締め翌月末期限にて代金のお支払いをお願い申し上げます。

Development System

開発体制

ご相談をいただいた際には工数削減を
意識した効率的な開発手法を
ご提案させていただきます。
また、開発の際には
テクニカルディレクターを必ず配置し、
品質/進行管理と定期的な進捗報告を
行うことで確実な案件遂行をいたします。

system-diagram

Contract Form

契約形態(一例)

  • 請負契約
    (ウォーターフォール型)

    準委任契約
    (アジャイル型)

    準委任契約
    (SES型)

  • 請負契約(ウォーターフォール型)

  • 概要

    仕様が明確となっており、
    成果物の要件が決まっている際に
    用いられるオーソドックスな
    開発手法となります。

  • メリット

    成果物の要件を予め定義するため、
    認識齟齬による
    開発の不備が発生しにくい。

  • デメリット

    仕様変更や追加機能などを
    事後的に要望された場合に、
    既存機能との調整が必要となるため、
    大きく追加工数が発生する
    リスクあり。

  • 準委任契約(アジャイル型)

  • 概要

    ご要望があるものの、
    知識的および時間的制約により、
    仕様を細かく決められない場合に
    有効な開発手法となります。

  • メリット

    最小単位のものを短いスパンで
    開発するため、実際のシステムを
    見ながら都度柔軟に仕様を
    決めていくことが可能。

  • デメリット

    期間的・金額的な制約がある場合、
    要望を満たせずに開発が
    終了するおそれあり。

  • 準委任契約(SES型)

  • 概要

    約束した時間で
    特定業務を行うことを約して
    開発をサポートする手法です

  • メリット

    プロジェクトの中で
    柔軟に仕様変更が可能なため、
    コントロールがしやすい。

  • デメリット

    属人的な開発サポートとなるため、
    要望を満たせずに開発が
    終わってしまうリスクあり。

  • 概要

    仕様が明確となっており、
    成果物の要件が決まっている際に
    用いられるオーソドックスな
    開発手法となります。

    ご要望があるものの、
    知識的および時間的制約により、
    仕様を細かく決められない場合に
    有効な開発手法となります。

    弊社のエンジニアリソースを
    お貸しして開発サポート
    させていただく
    開発手法となります。

  • メリット

    成果物の要件を予め定義するため、
    認識齟齬による
    開発の不備が発生しにくい。

    最小単位のものを短いスパンで
    開発するため、実際のシステムを
    見ながら都度柔軟に仕様を
    決めていくことが可能。

    プロジェクトの中で
    柔軟に仕様変更が可能なため、
    コントロールがしやすい。

  • デメリット

    仕様変更や追加機能などが
    必要となった際に、
    既存機能との調整が必要となるため、
    大きく追加工数が発生する
    リスクあり。

    期間的・金額的な制約がある場合、
    要望を満たせずに開発が
    終わってしまうリスクあり。

    属人的な開発サポートとなるため、
    要望を満たせずに開発が
    終わってしまうリスクあり。

その他、こちらの型に当てはまらない
契約形態のご要望がある場合でも
柔軟にご対応させていただきますので
ご相談ください。